こんにちは、渡邉です。

遂にCyvaのプレセール一期を
あなたにご案内させて頂きます。

改めましてこの場にあなたが
奇跡的としか言えない確率で
立ち会わせているということ。

本当におめでとうございます!

このCyvaプレセールス1期は
本来この場でお話しするような
そんな軽い内容ではありません。

世界各国で権力を持つ政治家
一部の投資家やエリート事業家など
本当に”限られた人間”でしか

絶対に知り得ない情報なのです。 そして

一般には回ってこない情報というのは
往々にしてたった一瞬で数億円、数十億円
数百億円という桁違いの利益を生み出し

関わっている人間に莫大な
富を生み出す事となります。

今回のCyvaクラスの情報になれば
世界の富裕層が我先にと莫大なお金を
投じてでも入手したい内容です。

当然です。

富裕層の人間からすれば
1億円を100億円以上へ変える
二度はないチャンスですから

どれだけでも現金を積んで
Cyvaに両替しようとするはずです。

そんな情報をあなたが既に
こうして掴んでいるという事実。

嘘や冗談ではなく現金1億円よりも
もっともっと重く価値がある情報を

握っているという事をしっかりと
再認識していただけると幸いです。

当然ながら「いくら保有している」と
はっきり明言することは出来ないものの

僕も藤本さんも既に莫大な
Cyvaを個人で保有しています。

当然です。

今の数え切れないほどある
暗号通貨の中で確実に本物で

爆発的な価値の上昇が見込めるのは
このCyvaが最も有力株なのですから。

日本円やドルといった法定通貨から
より便利なビットコインやイーサリアムといった
暗号通貨へとシフトしていく時代の中で

上記のスケジュールでいくと
今はプレセール期間1です。 ここからプレセール期間2〜5と
続いていく訳ですが時間経過と共に
両替レートはどんどん高くなります。

最終的にプレセール1の時に両替しただけで
プレセール5の段階と比較して1.8倍になる事が

既に確実に約束されて入るという点も
非常に重要なポイントだと言えます。

そして・・・

ここからが最も大事な
プレセールス終了後にて
大きく市場に出された時に
推移する価格予想です。

あなたがCyvaを使うことによって
億万長者へと駆け上がる事ができる

その理由がこの公開後の
価格推移になりますので
しっかりとご覧ください。

ご覧頂いて入る通りですが
一般公開後すぐに価格が上昇して

最低でも100円〜200円へ
価格が上がる事が強く予想されます。

そしてもちろん
100円〜200円というのは
アジアの基軸通貨となるCyvaにおいては

ほんの序章にしか過ぎません。

この100円〜200円という
数字から更に500円、1000円、2000円
あるいは3000円まで伸びる事も

十分に可能だと思っています。

もしも最低ラインで想定される
「100〜200円」になったならば

今、1Cyva=1円で手に入れる事ができる人は
それだけで100倍〜200倍の富を一瞬で

手に入れることになります。

更に500円〜3000円という
価格になればプレセールス段階の

500倍〜3000倍にあたりますから
資産を500倍〜3000倍に増やす事となります。 さらに冒頭でもお話しした通り
Cyvaには今だけ超スペシャルな
ボーナス制度が設けられています。

ニュースでも最近
暗号通貨で億越えの資産を
達成した人を総称する

「億り人」という
言葉を聞きますが

もはやCyvaを保有すれば
億り人どころの騒ぎではありません。

1億円という数字どころか
数億円、数十億円は当たり前

数百億円規模の莫大な利益を
手に入れる人も出るでしょう。 もはや使おうと思っても
使いきれない金額ですが

今、人知れず莫大な数の
ビットコインを保有して

数十億円〜数百億円の利益を
手にいれた億万長者たちと肩を並べて
渡り合えるほどの利益を手に入れる事が
出来るようになってしまうのです。

まず最も重要な点ですが
このCyvaという暗号通貨が
アセット型のコインではなく これは今までの動画の中で
何度もお話ししてきましたが
しっかりと覚えていますか?

Cyvaはカレンシー型で
もちろん暗号化技術を採用しながら
”独自の特徴”を持っている
そんな王道の暗号通貨です。

つまりCyvaという通貨自体に
しっかり価値や存在意義がある。

というお話をしました。

逆に選んではいけない
暗号通貨の具体例として

アセット型の暗号通貨というのは
通貨そのものに存在意義や価値がないため
選んではいけないと言いました。

というのも

アセット型の通貨というのは
単なる”事業出資”に過ぎず つまり事業が失敗すれば
その時点で0円になる。

だから選んではいけない、でしたね。

一方でビットコインやイーサリアム
リップルやネムなど本物の暗号通貨の
ほとんどが採用しているカレンシー型とは

“暗号通貨自体に価値がある”

というタイプの通貨です。

アセット型(株のような物)とは
かなり大きく違ってきます。

事業がうまくいく、とか
うまくいかないという事ではなく 例えばビットコインは今や
普通にお店で決済に使えますし

リップルは送金スピードが早い。

イーサリアムは新しいコインを
生み出すためのプラットフォームを
提供することができるという風に

その通貨自体に価値があるのです。

具体的には本編の動画でも
しっかりお話しした通りですが

そもそもCyvaという仮想通貨自体が
ビットコインとイーサリアムという つまりCyvaは今後

現状の基軸通貨として
活躍しているビットコイン

そして新しく暗号通貨を生み出す
プラットフォーム(テンプレート)を
提供するイーサリアム両方の機能を
果たす暗号通貨になるという事です。

この2つの機能をメインとして
アジアの基軸通貨として名乗りをあげます。

そして加えていうならば

ただビットコインとイーサリアムの
特徴を兼ね備えただけではありません。 具体的にはビットコインは
決済スピードが10分近くかかる
という問題点を抱えています。

それに対して

Cyvaは数秒での決済を
既に実現しているのです。

つまり現段階で既に
その知名度や保有者数による
流動性を除いたなら と言うことになるのです。

つまり「通貨」としての価値や
その使い勝手はビットコインよりも
Cyvaの方がより高いという事です。

これこそ本来の暗号通貨の価値であり
カレンシータイプだからこその強みです。

結局のところ、そもそもなぜ
今もなお時代の流れが暗号通貨へと
シフトしているのかといえば

一言でまとめるなら という事に過ぎません。

身の回りの物を見てください。
洗濯は洗濯板から洗濯機へ代わり

移動手段は徒歩しかなかった時代から
自動車、電車、飛行機とより効率的になり

温度調節は扇風機からエアコンへ
という風にドンドンと変わってきました。


全て「より便利」だからこそです。


人間社会はより便利な方向へ
より楽な方向へ発展するのです。

そうなれば基軸通貨としての特徴を持ち
そしてビットコインやイーサリアムよりも
より使い勝手がよいCyvaが広まっていき

その価値が右肩上がりで
伸びていく事は誰の目にも
明らかな事だと思います。

より便利な方へ発展していく
人間社会だからこそ暗号通貨という
現状の通貨よりも便利な物は

この先、絶対により広く発展し
そしてその根を深く張るでしょう。

これはどうあがいても
変えようのない事実です。

そしてCyvaという暗号通貨が
ビットコインやイーサリアムの
特徴を踏襲している以上は より多くの人がCyvaという
暗号通貨の利便性やその価値に
次から次へと気づいていき

という非常に簡単な理由です。

別の例で例えましょう。

なぜ金や銀やプラチナは
毎年右肩あがりで価値がドンドン
上昇しているのでしょうか?

それは からです。

「金」や「銀」がその辺の道端に
ゴロゴロと転がっていたならば

それはただの光る重い金属に過ぎず
1円の価値すらつかないでしょう。

貴重だから価値がある。 そういう意味でCyvaは
カレンシータイプですので
発行量が決まっています。

これは人が勝手に決められる物ではなく
既にアルゴリズムの中で決まっている物なので
絶対に変えることは出来なくなっています。

通貨自体に価値がある
王道のカレンシータイプで

なおかつビットコインと
イーサリアムの2大暗号通貨の
特徴を超向上させた特徴を持ち
圧倒的な利便性を持つ。

もちろん基軸通貨として
ビットコインのようにお金として
私生活の中で使う事も出来るし

スイッチングの特徴によって
法定通貨はもちろんですが

他の有名どころの
暗号通貨とも交換が可能。

これほど便利な物はありません。

そして、それはそのまま
このCyvaという暗号通貨が ビットコインやイーサリアムに
流動性を除いて全て優れている。

そして王道のカレンシータイプ

Cyvaが一般にオープンされた時に
その価値が上昇しない理由がありません。

簡単に言えばプレセール時に
Cyvaを両替して頂く事によって集まる
売上の25%をストックして

その25%を金融業界における
プロ中のプロが運用して何倍にも増やし
Cyvaのプレセール期間が終了して 例えば、プレセール期間で
200億円の売上が出たなら

50億円(25%)をストックして
それを株式や暗号通貨で運用して

100億、250億、400億に増やし
Cyvaが取引所に出されたタイミングで
買い戻しを行う。

という事なのです。

先ほどもお話しした通りですが
この世界は需要と供給によって

価格が決定していますから
当然、発行量に上限があるCyvaを
自社で数百億円規模の買えば

そして25%の売上による買いによって
Cyvaの価格が一気に伸びて大きな流動性ができて
それによって連続的に参入者が増えて

ドンドン二次曲線的にCyvaの価格は
上がっていく事が強く予想されます。

これによってクリプトカレンシー
ポートフォリオを用いるCyvaは
最低でも100円〜200円は

固く目指していけるという事なのです。

動画でもお話しした通り
Cyvaには圧倒的な利息システムが
搭載されている事も重要です。

1年目の利息がなんと
20%(19.56%)

これはつまりは
もしもあなたが

1000万円分のCyvaを
保有すれば1年間で何もする事なく という事です。

利息はCyvaの価格とは
一切無関係に付きますから

初年度は誰もが20%の利息を
手に入れる事ができるのです。

今の日本のメガバンクの金利は
年間で「0.01%」という数字です。

1000万円を預けても
1年でたった1000円だけしか
増えないという事です。

ATMなどで引き出せば
手数料もかかりますから

実質預けておくだけで
マイナスになります。 これがどれだけ異常な事か
ご理解頂けるでしょうか?

1000万円をCyvaに両替して
ただ何もせずもっておくだけで

年間200万円の利益が得られるのです。

もし1億円のCyvaを持っていれば
なんと2000万円の利益を得られます。

年収1000万円という
日本におけるエリート級の
2年分の年収を何もせずに

Cyvaに両替しておくだけで
手に入れる事ができるのです。

しかしながら

利息システムの恩恵を
しっかりと受けられるのは
今の最低レートで両替できる
この絶好のタイミングで

Cyvaを大量に
保有する事ができる
先行者のみです。

いわばこれが「本物」の
先行者利益という事です。

もちろんCyvaはそれだけで
基軸通貨としての役割を果たすだけでなく
他の通貨と両替する事も出来る 日本円やドルはもちろん
ビットコインやイーサリアム
ネムやライトコインなどの
カレンシー型暗号通貨とも

交換できるようになります。

これによって無駄な手数料や
時間を一切かけることをせずに
場合に応じてスムーズに変えたり
戻したりする事ができます。

つまり、私生活で普通の通貨として
使っていく機能はもちろんの事ながら
投機目的でも非常にポテンシャルがある
そういう仕組みの通貨という事です。

それだけでプレセールの
両替レート上昇であったり

莫大な利息システムによって
初年度で20%以上も増えます。

しかも最大の強みは
「何もする必要がない。」
という事実です。

最初からお話ししている通り
あなたが「億」の資産を得るため
必要な事はCyvaに両替して そうするとあなたが手を加えて
変に売買したりする事も一切なしで
勝手にCyvaの価値が上がって

勝手にあなたの資産が
100倍、200倍、300倍
1000倍、2000倍になり
億を超えていくのです。

ビットコインやイーサリアムといった
王道の暗号通貨もまだ伸び代はありますが
以前のような爆発力はもうありません。

今から暗号通貨によって
億を作ろうと思ったならば

”今から一気に数百倍上がる
暗号通貨を手にれる必要がある”

という事が絶対条件です。

正直僕はネットビジネスとか
そういうのはよくわかりません。

本当にそれが稼げるのか
それとも逆に稼げないのか。

自分でやった事もなければ
その業界の人間でもないので
詳しい事はわかりません。

ただ間違いなく言える事は
あなたが今後生きていく上で 何もする事なくもっておくだけで
確実に「億」を得られる話なんて
そうそうあることではありません。

それにそんな情報が
もしあったとしても

基本的に世界中の富や利権や
それに繋がる情報というのは

どこの業界においてもわずかな
「トップの人間」が大半を牛耳って
その絞りカスが一般に回るのです。

絶好のタイミングで藤本さんという
特殊なパイプにより金融業界トップしか知らない
「Cyva」という暗号通貨に出会った事

このチャンスを絶対に
あなたは生かすべきです。

実際、人生が変わるのなんて
大半の場合は「人」か「情報」との
出会いによってお金を手に入れ

生活レベルや情報の水準が
ガクッと上がった時だけです。

今回あなたがCyvaによって
億を手に入れるということは

単に ”億を儲ける”というだけにあらず
あなたの身の回りの生活レベルはもちろん お金を持てばより質の良い情報が
勝手に向こうからあなたの元へ来て
そしてまた莫大な富を得られる。

その莫大な利益のスパイラルを
繰り返していくうちに気づいたら

あなたの資産が以前のそれとは
比較にならないほどになるのです。

まずはCyvaで億を得てください。

そしてあなたの身の回りにある
”お金に関する悩み”を取り払って
次のステージへ上がってください。

なぜかというと


Cyvaの全発行量が

1000億枚なのに対して
先行両替期間の両替枚数が

全体で「200億枚」と既に
決まってしまっているからです。

つまり先行両替期間が
満期に達する前に200億枚が
全て両替された場合には

もう一般にCyvaがオープンされる
その瞬間まで待つしかありません。

しかしその時には既にきっと
今とは比較にならないほどの価格まで
跳ね上がっているでしょうから そしてお話しした通りですが
今回のCyvaの情報は本来では
一般に出回るような情報ではなく

ごく一部の富豪や投資家
エリート実業家だけで牛耳られ
回ってこないような情報です。

そしてCyvaも決して
その例外ではありません。

今、こうしてあなたに
Cyvaについてお話できている
まさにその間にも つまりは・・・

かなり早いタイミングで
200億枚が全て両替されてしまう
可能性もあるという事です。

正直こればかりは
僕もどのタイミングで

先行両替のCyvaがなくなって
終了になるか全くわかりません。

というのも僕も藤本さんも
発行者ではなくあくまでも

Cyvaという暗号通貨を大量に
保有しているホルダーというだけで

直接管理や整備をしている
というわけではないからです。

ただ少なくとも言える事は
先行両替のタイミングでCyvaへ
両替できるのは200億枚だけ。 そして世界の富豪や大物投資家や
エリート実業家の中には1人で数億円を
ポンと投資するような人間だって

ゴロゴロいるという事です。

そういう人間が今のタイミングで
Cyva両替に本腰を入れて入って来たら
あなたも含めた一般の人が両替を

実行する前に全てのCyvaが
両替され尽くしてしまうという
その事実は認識しておくべきです。

その両者を決めるのは
今のあなた決断次第です。

少なくとも今ならばまだ
アンフェアは一切ありません。

これからCyvaで一山当てる
世界中の億万長者と同じ立場で
恩恵を受ける事ができます。

ここまで僕の動画を見て
メッセージや手紙を読んだなら
きっとCyvaにどれだけの価値があり
そして可能性があるのか。

そこに関してはもう十分あなたの
頭の中で理解できているはずです。

そして今ならばCyvaという
世界を変えうる暗号通貨によって
あなたが紛れもなく億の資産を

築き上げる事ができるという事も
しっかりと理解できているはずです。 決して間違いのない判断をしてください。